ツボで感情コントロール(やる気が出ない)

感情コントロールシリーズに、一区切りつけたいと思います。

tuboyoga

心が弱った時におすすめのツボを皆さんに紹介し続けて1年。

数多くあるツボの中から、ありがちな感情を選んで、

毎月1つずつお伝えしてきました。

1年前、偶然出会ったこの本のおかげで、

多くの方々に喜んでもらえました。

「大根おろしをする前にこのツボを意識してストレッチをすると腕が疲れんのよ!」

「仕事中、緊張の場面で例のアレ、やってみたら笑えた!」

実践して下さっていることを知り、とても嬉しかったです。

「救われた・・・」

というお声もあり、時に涙を浮かべながらずいぶん感謝されたこともあります。

私は本の受け売りなのに。

いよいよ、12月。

本をめくりながら、今年最後にふさわしい感情って何だろう?

と考えました。

そして、決めたのが、

ショウカイ

少海(しょうかい)というツボ。

ココは、やる気が出ない時におススメらしいです。

場所は、肘を曲げた時にできるシワの先端辺り。

反対の親指で押すと結構響きます。

最初は優しくほぐしながら、「やる気具合」を確かめて、

まだ足りない!もっとシャキッとしたい!

と感じたら、さらに力を加えてみて下さい。

今年もラスト1日。

やり残したことがあるなら、

ツボの力を借りてラストスパート!

満ち足りた気持ちで年越し出来たらいいですね。

あ、もちろん、無理せずに~。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

今後も、いろんな情報を仕入れて、

レッスンに活かしたいと思います。

たまにノリノリの音楽をかけて、

たまにピラティスをやって、

「これ、ヨガ教室?」

なんて、ビックリされつつ、新鮮な気持ちで楽しんでもらえたら

とっても嬉しいです。

新しい年もどうぞよろしくお願いいたします。

ツボで感情コントロール(緊張)

11月は、緊張した時に自分を励ますツボ、「衝門(しょうもん)」を紹介しました。

感情コントロールだけではなく、体温を上げたいこの季節にピッタリなのです。

ワイドスクワット

足の付け根の真ん中あたり、脈拍を感じる場所にあります。

脚を大きく開いたら、つま先を少し外へ向けてスタンバイ。

吸いながら背筋を伸ばし、

ワイドスクワット1

吐きながら膝を曲げてお尻を沈めます。

必ずつま先と同じ向きに膝を曲げましょう!

この四股、ワイドスクワットのポーズが下半身の筋力アップや美尻作りに大変効果的とか。

そもそも、緊張をほぐすためのツボとして紹介したのですが、

レッスン中は、震える筋肉に集中し過ぎてツボのことなんてスッカリ忘れていました。

それは、恐らく皆さんも同じだったのでは?

もし今後、緊張してどうしようもなくなった時、

このツボ・・・というより、このポーズを思い出していただきたいなぁ。

周りの目が気になると思うので、ひとりになれる場所へこそっと行き、

ぜひとも試してみて下さい。

実行に移したあなたは、勝ったも同然!

「こんな事、ようやるなぁ」なんて笑いながら、

みなぎるパワーと自信に気付くでしょう。

ツボで感情コントロール(余裕がなくて人に当たる)

余裕がなくて人に当たる・・・

これって八つ当たり。

はたから見ると「あらまぁ」と思ってしまいそうですが、

決して他人事ではないかも?

もし、ドキッとした方におススメなのが、

天宗(てんそう)というツボ。

肩甲骨の中心にありますが、

イチイチ測る必要はありません。

ご自身をハグしてみましょう!

肩甲骨に十分手が届く方は、中指辺りになんとなくくぼみを感じるかもしれません。

天宗

そこがツボです。

届かない方は・・・

深刻に考えず、ハグそのものを楽しまれたら十分効果的だと思います。

気負わず軽い気持ちで

「ギューーーーー!」

(この効果音をつけた方がより良いような?)

ご自身をハグする、

加えて、誰かをハグしてあげる、

さらに、誰かハグされている、

と妄想したって構わないのです。

1ヵ月、レッスンの最後にセルフハグの時間を設けましたが、

常に心が穏やかで、優しい気持ちに満たされて、

お部屋全体がとても暖かく感じられました。

ツボで感情コントロール(イライラする)

最近、NHKでヨガやツボなど東洋医学に関する番組があったことで、

「やっぱりヨガはええ!」

「続けて通わんといかん!」

と、多くの声を聞きました。

皆さんがヨガ教室に通う意欲をさらに高められているようで、

番組に感謝です!

今年に入って「ツボ」をシリーズ化して書いてきましたが、

これも続けて良かったとしみじみ感じております。

 

さて、9月は「行間(こうかん)」というツボを皆さんと一緒にほぐしました。

「イライラした時におススメ」

とお伝えすると、皆さん一生懸命ほぐしています(笑)。

そりゃイライラありますよ・・・

日常生活にちょこちょこと・・・

koukan

親指と第2趾の間をビヨ~ンと広げ、

どちらかの親指で押すと、ちょっとジンジンとして気持ちが良いです。

このツボは、イライラの他に高血圧・生理痛・めまい・不眠・目の疾患などにも

効果があるようです。

 

レッスンを重ねるごとに、このツボに関心を持ち、

効果を実感された方もいらっしゃいました。

さらに疑問まで生まれました。

もし、

立ち仕事の時イライラしたら?

他にも会議中、運転中などイライラしそうな場面は

たくさんありそうです。

靴下や靴を脱いでまで出来ない・・・

大丈夫です!

イイがあります。(←これヒント)

足のツボをそのままに置き替えたら良いのです。

koukan1

万能のツボとして超有名な「合谷」をどうぞ。

結構痛い!!

でも

気持ち良い!!

ツボで感情コントロール(不安で息苦しい)

8月は「郄門」というツボを皆さんでほぐして伸ばしました。

「郄門」読めますか?

私は、知りませんでした。読めませんでした。

なので、インパクトが強すぎて皆さんに紹介した時、

思わず吹き出して笑ってしまったのです。

「げきもん」と呼びます。

名前はこんなんですけど(笑)

今までの中で本当に大好きでおススメのツボです。

場所は、

「手首と肘の真ん中あたり、指一本分くらい手首側」で、

反対の親指で押してみると心地良い部分が見つかると思います。

ツボを押してほぐした後、ストレッチをして効果を高めましょう。

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

1. 手のひらを上に向けます。(指先が向こう側)

2. 親指以外の四本を反対の手で持ち、息を吐きながら肘を伸ばして手のひらを前方へ。
(指先が下に変わりました)げきもん

3. 伸びが足りない場合、指先を手首の方へしならせます。

ツボ

指の関節を優しく押すとキレイにしなって曲線を描きます。

(「手首から指先にかけてイナバウアーをしているイメージ」と表現しているのですが皆さんに伝わったかな?)

ツボ1

ストレッチ中、目で見て確認できるので、意識も高まりそう。

実は私、昨年この本を購入する前から実行しています。

腕のしびれに悩んだ時期があり、とうとう脳神経外科まで受診し、

調べてもらいました。

脳に異常は全くなく、ひとまずホッとしましたが、原因不明のままというのも気持ち悪く、

自分なりに症状や対策をネットで調べ、このストレッチにたどりつきました。

経験者は語る・・・

もし、しびれが続いて悩まれている方がいらっしゃったら、

ぜひぜひ試してみて下さい。

即効性は期待できないかもしれません。

毎日、地道に・・・

3ヵ月間を目標に。