ツボで感情コントロール(うじうじする)

今月のツボは、

「天窓」という名前です。

この天窓をストレッチして、

うじうじした気持ちとおさらばしましょう!

名前を聞いてピンと来るものがなくても、

動いてみると

「ああ、なんだ・・・よくやるストレッチだね!」

と思う方が多いのでは?

こんなストレッチです。

天窓ストレッチ

※画像をクリックすると大きく表示されます。

首の真横のラインをゆっくり伸ばしましょう。

ちなみに、

うじうじした時の体の状態は、

体の中に水たまりが長く居座ったまま、いつまでたっても引かず、

体も心も重たーーーーーいんだとか。

首をストレッチして余分な水を外へ流したら、

きっとふわふわ軽くなる・・・と信じて。

ツボで感情コントロール(気分が高ぶる)

今月は、

小指の爪の付け根に注目しました。

koyubi

気分が高ぶった時は、たまったエネルギーが胸のあたりで燃え上がって暴走し、

その炎のせいで頭がのぼせている状態。

早く炎を消さなければ!

イメージ図を見ると、

「あぁこういう時、あるかも?」

と思い当たる方がいらっしゃるかもしれませんね。

私もそのひとりです。

方法は、小指の爪の付け根を、反対の手の親指と人差し指ではさみこんでもみほぐすだけ。

お好みですが、爪の先でちょっと強めの刺激を送っても良いそうです。

koyubi1

手のひらを上にして、

小指を薬指から遠ざけるようにストレッチを加えるとさらに効果的らしいです。

気分が高ぶることがない・・・という方にも、

次のような体の不調はありませんか?

●手のしびれ

●胸の痛み

●動悸

●肩の痛み

●耳鳴り

●喉のはれ

●咳

などなど。

気になった方はぜひぜひ!

私も、小さな指に大きな期待を込めてもみほぐしたいと思います。

音楽の力を借りる(3)後編

さぁそれでは、

パワフルな歌声に合わせて、

お腹周りに刺激を送りましょう!

ポイントは、

呼吸を止めないこと。

吐きながらねじること。

骨盤を倒さないこと。

あとは、

苦しそうな顔をせず、笑顔で楽しむこと。

・・・かな(笑)?

動画

私の感想としては、

改めて広瀬香美さんの声量に驚きました。

彼女の声に張り合ったわけではないのですが、

知らず知らず「香美ワールド」に引き込まれていた感じです。

おかげで毎回息切れ状態でした。

乾燥がひどい冬場にこんなに声を出してしまって、

喉が悲鳴を上げそうでした。

我ながらアホだなぁとほんの少し後悔した時期もありましたが、

なんとかやり終えて本当にホッとしています。

あと、

途中皆さんに声を出してもらって一体感を味わえたことも

感動のひとつです。

「オー!イェーイ!」

本当にいい声でした。

来シーズン、この曲がどこかで流れていたらぜひぜひ思い出して下さいね。

皆さま、2ヶ月間お付き合いいただきありがとうございました。

音楽の力を借りる(3)前編

久しぶりに「ひらめきの神さま」が降りてきました。

音楽とポーズのコラボレーションです。

思い付いたのが1月半ば。

それは、いわゆる冬の定番ソングなので、

今、ひらめきを行動に移さないと季節外れになってしまう!

即、音楽を用意し、何度も聞き返し、2週間で動きをつなげて、

黙々と練習をしていました。

2月、皆さんに披露した自信作のテーマは、

春に向けてくびれを作ろう!

厚い上着に隠されたお腹周りに目を向け、

一足先にスッキリさせて、余裕顔で春を迎えましょう!

と声を上げながら2月・3月頑張りました。

 

ねじりのポーズを3種類用意しました。

ねじり1

※モデルは、SさんとFさん。

毎回、最前列で熱心に取り組んでいらっしゃいます。

快くモデル役を引き受けて下さりありがとうございました。

 

ねじり①は、

両ひざを立て、片腕を反対側の膝の外へ、もう一方の手はお尻の後ろ辺りへ置きます。

吸いながら背筋を伸ばし、吐きながらねじりを加える基本形。

じわじわと腰回りの血流も良くなります。

続いて、

ねじり2

ねじり②は、

両手をお尻の後ろへ置き、両膝を左右に揺らします。

動画1

※動画参照

ご存知の曲でしたか?

膝を床に倒すようにすれば、よりきつくねじられます。

ねじり②は、上半身を固定し下半身を動かしましたが、

ねじり3

ねじり③は、逆。

上半身を動かして脇腹をシェイプします。

曲で言うと、ちょうどサビの部分に当たります。

これら3種類のねじりを行った後、

ねじり4

ボートポーズ。

両手をもも裏に添え、お腹に力を入れながら両足を浮かせ、

マットに対して水平を目指してあげていきます。

最後に両手を足に沿わすよう「前にならえ」をしながらキープして

腹筋を鍛えます。

この後、仰向けになってラストスパート!

後編にて、フルコーラスの動きをご紹介したいと思います。

(続)

ツボで感情コントロール(自信がない)

今月は、

tuboyoga3

「自身がない」時におすすめのツボをもみほぐしています。

頭のてっぺん「百会」です。

このツボは、「百(多種・多様)」な経絡が「会(出会う・交わる)」という意味を持ち、

多くの神経がこの百会を通り道にしているため、万能ツボとして有名です。

例えば、

・自律神経改善
・不眠症
・目の疲れ
・頭痛
・肩こり
・二日酔い
・抜け毛
・めまい
・耳鳴り
・鼻づまり
・眠気
・痔
・ストレス

 

などなど、これらはほんの一部らしいです。

自信がない時には、まず百会を温めたりほぐしたりしてエネルギーを集め、

次に、通り道ごとダイナミックに動かすとより効果的なんだとか。

tuboyoga4

あーーー!

まさしくヨガの「ネコのポーズ」です。

この季節、気温の激しい変化に体がついていけず、

体調不良を引き起こすことが多いのではないでしょうか?

自律神経の乱れが原因の1つだとよく耳にしますので、

背中を十分に動かして全身の血流を促しましょう。

体が温まり、失いかけた自信を取り戻せると思います。

ツボレッスン最後に「もみもみ」タイム。

来月は違うツボをご紹介してみなさんにスッキリしてもらいたいです。

今後、こういう気持ちをコントロールしたい!というご要望があれば

こっそり教えて下さいね。