ツボで感情コントロール(さみしい)

昨年、インフルエンザの予防接種のために訪れた病院の待合室で

ある本にであいました。

tuboyoga

まずタイトルに惹かれて手に取り、

パラパラとめくった段階で購入を決めていました。

ツボ関係の本は、既に何冊か持っていますが、

それらと違う大きな魅力がありました。

それは、

ツボを押したりほぐしたりすることで、

頭痛・腰痛・便秘など、つらい症状を和らげたり改善を促したりするだけではなく、

色んな感情をコントロールしてくれるという内容。

タイトルにある通り「心が弱ったとき」の感情です。

うんうん、そうそう・・・

それそれ、あるある・・・

分かる、分かる・・・

これ、私だけじゃないかも?

皆さんにも伝えたい!

tuboyoga1

新年1月から、1つずつ皆さんに紹介することにしました。

体の状態をイラストで表現されているのも、この本の魅力。

とっても分かりやすく、素直な気持ちで自分を見つめなおしました。

いやしかし、新年早々「さみしい」から始めるってどうなの?

と思われるかもしれませんが、意外にこれが好評でした。

レッスン後、見た目とてもポジティブで明るい印象の方が、

実は結構弱気で後ろ向きで、落ち込んだり悩んだりしているという一面を

こっそり教えて下さいました。

とても身近に感じて、思わず私自身の正直な部分をさらけ出すことがしばしばありました。

同じように悩んでいるお友達にも早速ツボについて教えてあげたという声も聞き、

本当に嬉しく思いました。

 

「さみしい」という感情を認めたくない?

「さみしい」という気持ちを抱いている自分を隠し通したい?

いや・・・

誰しもなんとな~く、たま~に、あるんじゃないかと思います。

あっても全然恥ずかしくない。

騙されたと思って、ぜひともお手当てしてみて下さ~い!

両手をすり合わせ、そっと胸の真ん中へ。

ぬくもりがじんわり伝わり、空っぽの胸にエネルギーが戻ってくるそうです。

加えて、優しい気持ちになれるかもしれません。

腹筋

ヨガのレッスン中、必ず言うセリフがあります。

素鵞ヨガ1

「おへそをツンと突かれるような感覚で立ちましょう!」

お腹を意識しやすい表現かなと思い、

個人的に気に入って使っているのですが、どうでしょうか?

時には、こんなセリフもあります。

素鵞ヨガ

「グーでどつかれるように」

ちょっと乱暴ですね?(笑)

※モデルになって下さったKさんNさん、ご協力ありがとうございました。

 

身近で分かりやすいイメージをお伝えしたく、

無意識のうちにあれこれアンテナを張り巡らせている私です。

少し前、たまたまテレビをつけた時、

「これ、いい!」

ものすごくピッタリなイメージと出会うことが出来ました。

まさに一目惚れ状態。

腹筋を鍛えたい時、

「5秒かけて空き缶をつぶすイメージでお腹に力を入れる」

これなら、場所を選ばず腹筋を鍛えることが出来そうです。

それも、こっそりと(笑)

例えば、通勤・通学の電車の中で、スーパーのレジ待ちの時に、

日常生活のいろんな場面で「空き缶」を思い出してもらえたら、

そのうち結果がついてくるのでは?

このイメージをなんとかして皆さんに伝えたい!

しかし、その思いが強すぎて、うまく言葉になりません。

そこで、視覚で訴えることにしました。

テレビで見た印象をイラストや写真で再現しようと作成したのが、

akikan

こちら。

お腹に力を入れようとした時、空き缶つぶしのイメージを加えると、

「あ、もっと力を入れないとつぶせないな!」

ということに気付きます。

空き缶、空き缶、空き缶・・・

強くイメージすると、今まで「ココまで」「コレが限界」と思っていた境界線が

グンと先へ、もっと奥深いところまで移動したような感覚がありました。

akikan1

ピッタリくる効果音を一緒に使いながら行うと、手助けになるかもしれません。

私がよく言うセリフをもう一つ。

「吐く息の最後の最後(吐き切る時)は、絶好の引き締めタイムです!」

フーっと簡単に、あっという間に吐くのはもったいない。

細く長く時間をかけて、吐き切る時にお腹を締める、キュ!

空き缶をつぶしながらどうぞ!

はばたきのポーズ

ヨガのポーズは数多くありますが、

その中でも、肩甲骨を意識するポーズを多く取り入れています。

今回、とってもシンプルな動きながら、めちゃくちゃ響く「はばたきのポーズ」をご紹介します。

①両手をお尻の後ろへまわし、親指を組みます。

②吸いながら肘を伸ばして胸を広げ、

③吐きながら肩甲骨の根元から少しずつ上げます。

はばたきのポーズ

最初はなかなか腕が上がらないかもしれませんが、

焦らず、リラックスをして、優しいお顔で、

「私は柔らかい~柔らかい~そうとう柔らかい~」

と思いながらやると動きます。

これからの季節、どうしても背中が丸くなりがちですよね。

ぜひぜひ肩甲骨周辺を動かして、姿勢美人を目指しましょう!

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・

いつもは私一人が声を出していたのですが、突然思い付いて

「皆さんご一緒に~」と提案しました。

会場が一つになった感覚がものすごく心地良くて、

私の方が元気をもらった感じです。

皆さまありがとうございました!

ロコモ体操(29年度版)

ヨガの森は60分のクラスです。

足裏のほぐしから始まり、立ち上がってすぐにヨガのポーズ・・・ではなく、

ウォーミングアップと称してあれこれ行うことが恒例となってきました。

そう言えば、デューク更家さんのウォーキングやバレリーナにも挑戦したなぁ。

昨年度は「ロコモーション」の曲に合わせて、ロコモ対策に取り組みました。

さぁ、今年度は何をしよう?

出来ることなら、ロコモーションを上回るプログラムを作りたい。

私の場合、使用する音楽がカギを握ります。

知名度が高い曲、

ノリがいい曲、

カウントを取りやすい曲、

それらを絶対条件として決めるのですが、

今回は、プラス「元気になれる」「気持ちが上に向く」というステキな曲を見つけました。

実は私、2月に体調を崩しヨガ教室を休まなければならない期間がありました。

その時、たまたま布団の中で聞き、精神的に弱っていた自分を救ってくれたのです。

やはり音楽のチカラってすごいんだなぁと強く感じた事を忘れられません。

ロコモYMCA

中には前奏を聞いて吹き出す生徒さんもいらっしゃいましたが、これは狙い通りの反応です。

とにかく笑って楽しんで元気になっていただきたい!

誰もが耳にしたことがある2曲を良いとこどりして編集した、まなびの森オリジナル。

ヨガの森だけではなく、今後は「認知症予防講座 げんきの森」でも使えたらいいなぁと

思いながら作りました。

ちなみに、「私を救ってくれた曲」はYMCAの方です(笑)。

10年後の約束

セレモニーの3時間もまなびの森の10周年もあっという間でした。

もちろん、3時間と10年間をそんな簡単な言葉でひとまとめにしたらいけませんが、

いずれも大きな達成感で満たされ、充実した時間だったことに変わりはありません。

こんな感じで次の10年(げんきの森10周年&まなびの森20周年)も

あっという間にやってくるのでしょうか?

まなびの森の母、

10年後予想4

Sさんから愛情いっぱいのお言葉をいただき、

まゆみさんは新たな目標を立てました。

「10年後、絶対にまたお祝いしてもらおう!」

そんなまゆみさんの強い決意を知った以上、

私たちもそこへ向かって進むしかありません。

気持ち・気合だけは十分です・・・が、

「ちょっと待って、私何歳?」

今の年齢に10歳を加えた時、自分が、みんなが、どう変化しているのだろう?

本当は、想像するのも怖いのですが、心の準備も必要ですよね。

まず、

10年後予想1

白髪が増えているかな~?

まぁでもこれは、染めればいい話だからなんてことはない。

問題は、

10年後予想2

コレ!

目尻のしわやほうれい線は、化粧したぐらいでは隠せません。

う~ん、う~ん・・・なんとかせねば。

あっ!

そうかっ!

こういう時にこそ、

10年後予想3

レンジャーマスクを丸ごとかぶればいいですね。

10年後も怖くない!

10年後予想現在の写真に戻しておきます。

何だろう、この安堵感。

それにちょっと若返ったように見えるから不思議です。

10年後、なるべく顔に線が入らないよう、

レンジャーマスクなしで皆さまの前に堂々と立てるよう、

今よりもっともっと輝いていられるよう、

・・・なんとかします(笑)!

なので皆さまは、

生まれたばかりの「ひな達」が、

ちゃんと飛び方を学んでいるか、

上空を目指して翼を動かしているか、

誰かに笑顔と幸せを届けているか、

どうかその目で確かめに来て下さい。

10年後の約束、

指切り・・・

おっと、ココではこうしましょう。

0401heart27

ハートでげんまん!

(完)

*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*・*

1カ月以上もの間、セレモニーブログにお付き合いいただき、

本当にありがとうございました。

回数毎に皆さまのお声が自分の耳に届き、大きな励みとなりました。

ブログに限った事ではありませんが、目の前にいる相手でも、見えない相手でも、

誰かに求められたり必要とされたりすることが、どれだけの力を持つか・・・

その力が、失いかけた自信を取り戻すきっかけとなり、

一歩前に進める大きな勇気に変わることを知りました。

今回のブログを任された時、荷が重く、全く展開が浮かばず、悩む日が続きましたが、

写真を何度も見返していると、少しずつ物語が見えてきました。

皆さまに楽しんでいただけたのなら、それは写真のおかげです。

決して大げさではなく、お世辞でもなく、

サプライズで駆けつけてくれたカメラマンUさんのおかげです。

最後にもう一度感謝の気持ちを伝えたいと思います。

Uさん、本当に本当にありがとうございました!