ご祝辞(前編)

まゆみさんの挨拶・スタッフ紹介に続き、

ご来賓の方々からご祝辞を賜りました。

0401挨拶2

医療法人ゆうの森 理事長 永井康徳さま。

0401挨拶13

似ていますね。0401ムービー

オープニングムービーの初めに紹介されましたが、

0401ムービー1

まなびの森が小さな種をまいた頃から、

いつも私たちを支え応援し続けて下さいました。

そのおかげで種は芽を出し、少しずつ背を伸ばし、葉を茂らせ、

幹はだんだんたくましくなってきたと思います。

今後の目標は、名前同様、本物の「森」になること。

0401挨拶1

永井さまには、

「まなびの森のすごいところ」を3点お話ししていただきました。

知る人ぞ知るものすごい方に「すごい」と言っていただけるなんて、

恐れ多くて、まるで他人事のように聞こえました。

当日のご祝辞はもちろんですが、

0401挨拶

このおふたりの兄妹愛もじんわり心に響きました。

セレモニー翌日、

「とにかく素晴らしい式でしたね」

「人と人とのつながりが素晴らしい縁を結んできたことを改めて感じました」

「すごくうらやましい気持ちもありました」

「ゆうの森のことをいつも最優先に考えてくれて本当に感謝しています」

というご感想をいただいたそうです。

なんてあたたかい・・・

なんてうらやましい・・・

こんなお兄ちゃんが欲しい。

続いて、

0401挨拶3

「まなびの森生徒代表」久米肇さまからのご祝辞です。

人生の大先輩を捕まえて「生徒」なんてお呼びするのは大変失礼かと思いますが、

ここは(カワイイ)6人の娘たちに免じてお許し下さい(笑)。

そして、図々しいついでに、あえて「はじさん」の愛称で書かせて下さい。

0401挨拶4

はじさんは、パソコン講習から始まり、元気活力講座、ヨガ教室・・・

まなびの森が主催するありとあらゆる講座に参加して下さっています。

あ、さすがにソーイング教室は未体験かな?

「NPO法人 認知症予防サポート げんきの森」の設立が今年酉年であることにちなみ、

「生まれたてのひな達が翼を広げて大空を飛び回る時が来るでしょう」という激励の言葉を

いただきました。

「ひな」という言葉にものすごく反応した事を覚えています。

ひな=初々しい・若々しい・愛らしい

というイメージが瞬時に浮かび、

「ひなかぁ・・・いいねぇ・・・」

とひとりニヤニヤ。

ひな=弱々しい・天敵に命を狙われる・危険にさらされている

なんていうマイナスイメージは私の中に全くありませんでした。

今後6人のひな達がしっかりと飛び立ち、落下しないよう見守っていて下さいね。

ピヨピヨ。

ご祝辞(前編)」への2件のフィードバック

  1. 久米 肇

    八十路を迎えた「はじ」は、これからも「まなびの森」の生徒としての
    自覚と誇りをもって残り少ない余生を前向きに生きて行きますよ。
    ご発展を祈ります。

    返信
    1. hiroko 投稿作成者

      6人のひな達は、多くの方のお力がないと飛び回れません。
      はじさんには、これからもずっとずっと娘たちを支え続けていただきたいと願っています。
      まだまだ、はじさんのお役目はたっぷり残っておりますので、元気でいてもらわなくては!

      返信

久米 肇 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です